ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の勉強方法  > 医療事務を独学で学ぶ


医療事務を独学で学ぶ

スポンサードリンク

医療事務の参考書や問題集を本屋さんで探すと、専門的な内容のものを見つけることができますが、医療事務を経験したことがない人には、難しいと思われる言葉がずらりと並んでいます。

医療事務の経験が少しでもあったり、基礎的な知識がある方は、参考書や問題集を使って、独学で医療事務の知識を得ることは可能ですし、努力次第では、資格の取得も可能かもしれません。

もし、独学で、資格を取りたいと思うのなら「診療報酬点数表」だけは、本屋さんなどで探して購入するなどして持っておく必要があります、また、医療事務について勉強しておきたいと思われる方には必ず必要な本です。

医療機関では、診療報酬を「診療報酬点数表」に基づいて計算します、どんな診療科目の病院で医療事務をするとしても、この点数表を使いこなすことができなければ、医療事務としての基本的な仕事ができないことになるのです。

逆に考えると、この点数表の使い方さえできれば、医療事務の仕事の基本的な部分ができるということで、医療事務資格をにほぼ合格したのも同然といえるのです。

ただ、通学や通信で学ぶのと違い、独学で学んでいると、試験の日程などの情報がどこからも入ってきません、そのため、自分でこれらの情報を事前に調べておく必要があります。

また、医療制度や診療報酬点数が改定されていないかなどに気を配り、常に、医療事務に関するあらゆる情報を得られるような努力も必要となります。

診療報酬点数表が使いこなせれば、医療事務の資格にほぼ合格したも同然と書きましたが、診療報酬点数表だけをマスターしたからといって完全ではありません、参考書はもちろん、過去の問題集を購入し資格試験に慣れておくことも大切ですし、出題の傾向などの参考にすることも試験合格のために大切なことなのです。

医療事務資格と言いますが、厳密には医療事務資格というものはありませんので、医療事務に関する資格の内、どの資格を目標にするのか、明確にしておく必要があり、その資格の受験資格があるかないかということも知っておく必要があるのです。

資格試験には、受験資格が設けられていますから受験資格がないと受験できないものもありますが、受験資格が「不問」となっている資格試験は、誰でも受験できますので、まずは、これらの試験にチャレンジしましょう。

「医療秘書技能検定試験」や「診療報酬請求事務能力検定試験」は、関連書籍や問題集などが多く出版されているので、手に入りやすく、独学で資格を目指すには向いているといえます。

これらの参考書や問題集は、「医療事務:資格のテキストと問題集など」にアクセスすると、最新の情報が掲載されているので良ければ利用してみましょう。

スポンサードリンク

(医療事務を独学で学ぶ)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る