ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の仕事と内容  > 医療事務の仕事場、病院と診療所


医療事務の仕事場、病院と診療所

スポンサードリンク

言うまでもないことですが、医療事務の仕事場は、病院です。

一般的に病気になった場合、病院に行くと言いますよね、ところが、病院には定義があるのをご存じですか。

病院の定義の一つにベッド数があり、ベッド数が20床以上のところを病院と言い、ベッド数が19床以下のところを、診療所と呼びます。

最近では、診療所と呼ばれるようなところは、クリニックなどの名前をつけているところが多いようです、名前に「病院」を使うには、ベッド数が20床以上必要ですが、よほど小さな町医者でない限り、私たちは、病院と呼んでしまうことが多いですよね。

いかがですか、病院の定義お分かりいただけましたか、ところで、医療事務の仕事を、病院でするか、診療所でするかでは、仕事の内容がかなり違います。

病院では、患者数が多く、それに伴い医師や看護師の人数も多いことが考えられます、当然、医療事務の仕事量も多くなり、たくさんの医療事務関係の方が働いています。

病院の場合、医療事務と言っても役割分担されており、受付業務担当、会計業務担当など分野ごとに専門的な仕事を受け持つことが多いようです。

診療所は、眼科、皮膚科、整形外科などの専門分野で開業しているクリニックといわれるところが多く、医師や看護師の人数も少なく、患者さんも病院ほど多くありません。

そのため、診療所での医療事務は、受付業務、会計業務はもちろんのこと、医療行為に当たらない範囲での補助的な仕事までこなさなくてはいけない所もあります。

診療所での医療事務の仕事は大変ですが、医療事務に関する幅広い範囲での知識を学べるという利点があります。

病院と診療所では、どちらの方が会っているかは人によって違うでしょうが、どちらで医療事務の仕事をしても、常にスキルアップを考えて勉強することは必要です。

医療事務の知識があっても、実務経験がないと、初めは誰でもうまくいかず、落ち込むこともあるでしょう。

しかし、知識を身につけて経験を積み重ねることで、自信がつき、その自信が更なる成長させてくれるものです。

医療という多くの方の健康を預かる仕事場での仕事は、意義のある仕事です、また、やりがいのある仕事です、意義があり、やりがいのある仕事をすることほど、楽しい人生はありませんよね。

スポンサードリンク

(医療事務の仕事場、病院と診療所)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る