ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の仕事と内容  > 医療事務の会計業務


医療事務の会計業務

スポンサードリンク

医療費の計算をするのは、医療事務担当者ですが、どのように計算されているのかはご存じですか。

医療費は、特別な計算方法で算出されます、私達がスーパーで買い物をした時のような計算方法とは全く違うのです。

診察や検査、薬などにかかった費用は、そのまま金額としては表示されません、国が定めた規則に則った方法で点数表示されます。

この点数を、医療事務の担当者が金額に計算し直し、患者さんに合った割合の金額を、患者さんに請求するのです。

つまり、医療事務担当者が行う会計業務は、点数を金額に直して患者さんに請求し、お金を支払っていただくという仕事です。

病院などで診察をうけていると、お医者さんがカルテに何かを書いている姿を見たことがありますよね、そのカルテは、お医者さんから医療事務の担当者に引き継がれます、医療事務担当者は、カルテに記載された診察や治療の内容によって点数をつけていきます。

この点数は、診察内容、治療内容や、使った注射の種類、薬の分量や種類、病気の種類などによって違います。

病院の信用や経営状態にまで影響しかねない点数の記入漏れや過剰請求などがないように、大変注意が必要な作業で、決してミスは許されないことからカルテから点数をつける際は、何度もチェックする必要があり、大変責任の重い仕事と言えます。

点数を、実際の金額として算出する場合は、1点を10円として計算していて、自己負担の割合が3割の患者さんに請求する金額は、「点数×10円x3」で計算されます。

これらの作業は、全て手書きで計算されていましたが、コンピューターの普及によって、カルテの内容をコンピューターに打ち込むことで、点数の表示から計算まで、全て自動でやってくれるようになってきているので、医療事務の仕事も大変楽になってきたといえます。

ところが、手書きで計算していた時と違い、コンピューターの操作ができないと全く作業ができませんし、正確にカルテの内容を読み取り、間違いなくコンピューターに打ち込む事が要求されます。

コンピューターによる点数計算ができるようになってきたことで、専門知識がなくても医療事務の仕事が、可能となってきましたが、コンピューターには慣れておく必要があるでしょう。

スポンサードリンク

(医療事務の会計業務)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る