ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の仕事と内容  > 医療事務の仕事とは


医療事務の仕事とは

スポンサードリンク

医療事務の仕事の内容はどのようなものかご存じですか。

病院の受付が医療事務のメインの仕事だと思っている方も多いのではないでしょうか。

医療事務の仕事はそれだけではありません、もちろん、受付で、患者さんのカルテの準備をしたり、診療後の会計をすることも重要な仕事で、医療事務として基本の業務になります。

これらの業務でさえ、総合病院のように大きな病院になると、役割分担されているのが通常のようです。

医療事務の仕事で受付に関する仕事は重要な仕事ですが、受付以外にも、レセプト業務や医療秘書という重要な仕事が医療事務にはあります。

医療事務の仕事の中で、受付と会計についてはある程度理解されていると思いますが、レセプト業務と医療秘書というのはいったいどんな仕事なのか分からないという方も多いのではないでしょうか、そこで、レセプト業務と医療秘書について少し説明しておきましょう。

病院などで、お医者さんに診察や治療をしてもらうと、診察代や治療代を支払います。

しかし、病院の収入源は、私たちが支払う診察代や治療代だけではありません。

というのは、患者である私達が支払う診察代や治療代は、その金額の全額を支払っているわけではないからです。

日本の場合、保険組合に加入している人がほとんどです、会社などの企業に勤めている人はもちろんのこと、その扶養家族、個人で商売などをしている人やその扶養家族も国民健康保険に加入しています。

これら保険に加入している人が治療や診療を受けて支払う金額は、実際にかかった金額の3割(年齢によって割合が違います)を支払っているわけです。

私たちが診察代や治療代を、3割しか支払っていないということは、残りの7割を保険組合が支払っているということになります。

この7割の金額を各保険組合に請求する仕事をレセプト業務といいます。

つまり、被保険者の自己負担割合の残りの部分を保険組合に対して請求する業務をレセプト業務というわけです。

レセプト業務はお分かりいただけたでしょうか、では、医療秘書について説明します。

医療秘書は、秘書という言葉からも推測できると思いますが、医師や看護師をサポートする仕事です。

患者さんの診察(治療)業務をする事だけが、医師や看護師の仕事ではありません。

医師や看護師は日々進歩する医療の知識を身につけなくてはいけません、そのため、医療学会に参加したり、新しい医療に関する会議を開いたりと大変忙しい日常を過ごしているのです。

そのため、多忙な医師や看護師のスケジュールを管理したり、会議をするための準備を行う仕事が医療秘書の仕事となるのです。

これらの内容を見ると、とても大変そうで医療事務資格取得に、尻込みしてしまう人もいるかもしれませんが、即戦力という点では資格を持っているほうが有利ですが、資格がなくても働けるのです。

一番大事なのは、やる気であり、誠実に仕事ができることですが、資格のない人がいきなり医療事務の仕事をしたいといってもなかなか雇ってくれるところはないでしょうね、やはり、医療事務の仕事を考えているのであれば、資格はしっかり取得することをお薦めします。

スポンサードリンク

(医療事務の仕事とは)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る