ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の基礎知識  > 医療事務のやりがいと魅力


医療事務のやりがいと魅力

スポンサードリンク

医療事務は、スキルアップができる、資格を取得しなくても働ける、勤務時間がバリエーションに富んでいるなど、さまざまな魅力があります。

医療事務は、事務としての知識だけでなく、医療に関して、いろいろな知識を身に付けられるということで、スキルアップを目的とした人にとってはお薦めの資格といえます。

医療に関する知識を身に付けるということは、医療事務以外の仕事では、まず無理なことといえるのではないでしょうか。

医療事務としての仕事の一例でお話しします、例えば、いつも通院している所が内科なのに、怪我をしたから見て欲しいと相談される人が、患者さんの中には、いらっしゃいます。

怪我をした患者さんがいつも通院しているからと内科医に相談しても正確な診察さえできないことがあります、また、最悪の場合、骨折していることさえあり得るので、整形外科を紹介してあげるのが最良の処置だといえます。

あるいは、頭を打った患者さんが、整形外科に来院された場合、手や足などと違い、脳に異常があることも考えられるので、脳神経外科を紹介してあげる事が必要な場合もあります。

以上のように、患者さんの中には、症状の違いと専門医の違いを把握していらっしゃらない方もおられるのです。

怪我や、病気で医者にかかる方の中には、お年寄りや小さな子供さんも多くいらっしゃいます。

お年寄りや小さな子供さんを抱えた親が、症状と専門医の関係を理解できず、病院を「はしご」することは、非常に大きな負担となります。

医療事務の知識の中には、症状による専門医を判断すしアドバイスしてあげる事ができるというものがあります、この知識は、自分の家族や知人が病気になったり、怪我をした時にも、非常に役立つものです。

このように、医療事務という仕事は、医療に関する知識を身に付けられるという魅力があり、さらに、自分や家族が病院にかかった時の診察代や、病院からもらった薬の効能などもわかるようになります。

また、多くの薬をもらったは良いがいったい何の薬だったか分からなくなるということは良くあることですが、こんな時にも、アドバイスしてあげる知識が身につく医療事務の仕事は、日常生活の中でも生かすことの出来る、やりがいがある仕事と言えます。

スポンサードリンク

(医療事務のやりがいと魅力)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る