ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の基礎知識  > 医療事務資格取得の勉強法


医療事務資格取得の勉強法

スポンサードリンク

医療事務の資格がない人が、医療事務の仕事に就いた時に思うことは、知識不足だから勉強してもっと実践に役立つ知識が欲しいということです。

運良く、医療事務の資格がなくても就職できる人もいるでしょうが、多くの人は、資格を取ってから就職先を見つけようと思っているでしょう。

どちらにしても、医療事務に関する勉強が必要になってきます。

医療事務の勉強方法は色々あります、資格を取るための勉強方法と、ただ単に知識を増やしたい人の勉強方法は違ってくるでしょう、そこで、さまざまある医療事務の勉強方法を考えてみましょう。

医療事務資格取得を目指すか、知識だけが欲しいのかで違ってくるでしょうが、専門学校、通信教育、通学講座そして独学などが考えられます。

目的や環境によっても違ってくるでしょうが、どの方法が自分に一番合っているのかを決めなくてはいけません、そのためにそれぞれの勉強方法について細かく見ていきましょう。

まず、最初に見ておく必要があるのは費用面です。

費用面だけを考えれば一番有利なのは、やはり独学です、しかし、独学で医療事務の専門的な知識を習得するのは至難の業です。

ある程度の知識がありそれに増して知識を得たいという人には向いているでしょうが、これから資格取得を考えている人には一寸お勧めできません。

また、制約がないので、資格取得までにかかる時間を予測することも困難です。

医療事務の資格取得を考えている方で、通学できる範囲内に教室がある場合は、通学による講座の受講をお薦めします。

地域や内容でも違いますが、通学講座にかかる費用は約6万円~10万円というところです。

通学講座の受講で良いところといえば、分からないところがあれば、直ぐに教えてもらえる先生がおられることです、また、講座の期間が決められているので、独学のように資格取得までにかかる時間の予測がつかないといったこともありません。

医療事務では、通学講座のカリキュラムを修了し、資格取得するまで、長くても半年位といったところです。

近くに教室がなとか、子供がいたりで長時間外出できないという方もおられるでしょう。

そんな方にお薦めしたいのは、通信講座による勉強方法です。

通信講座は、通学するよりは自由なスケジュールで勉強することができるのでが、自分自身で時間をコントロールする必要がある点では、独学に近い部分もあります。

ただ、独学と違い通信講座には、サポート体制が完備されているので、勉強の途中で分からないところが出てきたら質問することもできます。

通信講座の場合、通学講座に比べると費用は、少々押さえることができます。

学生の方や、費用や時間はいくらかかっても完璧な知識を習得したいという方は、専門学校や短期大学を選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

専門学校や短大では、1年~3年とじっくりと時間を掛けて医療事務の勉強ができますが、通学講座の約10倍ほどの費用が必要になることを覚悟しなくてはいけません。

ただし、専門学校や短大では医療事務だけではなくて、医療に関する業務の専門的な知識も勉強でき、就職や転職には大変有利です。

以上のように、医療事務の資格を取るための手段はいろいろで、必要な費用にも大きな差があります、あなたの許す範囲で、一番資格取得に有利な方法を選んで医療事務の資格取得に挑戦してみてください。

スポンサードリンク

(医療事務資格取得の勉強法)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る