ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の基礎知識  > 医療事務資格取得の必要性


医療事務資格取得の必要性

スポンサードリンク

医療事務の資格をとったほうがいいのか?それとも資格を取らなくても医療事務の仕事ができるのか?ということが判断できない人も、医療事務の仕事をしたいと考えている人の中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

医療事務資格という言葉は良く耳にする言葉ですが、いざ資格を取ろうと医療事務という資格を探しても「医療事務」という資格をみつけることはできません。

なぜなら、医療事務に関する資格は、さまざまな種類があり、その名称も千差万別で医療事務資格と言った公の資格がないからです。

医療事務は国家試験として行われているものではなく、民間が主催する民間試験によって取得するものなのです。

もしあなたが、医療事務の仕事をしたいからということで、講座を受講したり、学校に通おうと思っているのなら、講座や学校によって、資格の名称、試験内容が違っていることに注意する必要があります。

自分がなりたい医療事務関連専門職の講座がどれなのかを明確にし、受講する必要があるでしょうし、もし、独学でと思っているのなら当然、専門職に応じたテキストや、問題集などを探す必要があるでしょう。

講座を受講したり、教室や学校に通って、カリキュラムを修了すると、民間主催の「検定試験」を受験することができます。

この民間の検定試験に合格することで、資格が取得できるのです。

ただ、唯一、厚生労働省が認定している、医療事務に関する試験があります。

それは「診療報酬請求事務能力認定試験」で「認定試験」と呼ばれるものです。

診療報酬請求事務能力認定試験は、民間の行う検定試験とは違い、年に2回、全国一斉に行われています。

この認定試験は、民間の検定試験に合格していなくても受けられますが、難易度が高く専門知識も必要なので、関係する講座などで知識を得るなど、医療事務関連の知識を習得してから受験したほうがいいでしょう。

医療事務関係の資格を持っていれば、就職や転職に有利で、現場での仕事を実際にする際にも抵抗なく業務に取り組めるでしょう。

といっても、医療事務は資格を取得しないと仕事ができないといった種類のものではありません。

実際に現場で働きながら知識を習得したり、その知識を生かして更なる勉強をして資格を取得している人が多くいらっしゃるのも事実です。

もし許されるのであれば、興味を持った仕事、極めたいと思う内容を見つけて、医療事務関連の資格取得に努力するのも良い方法といえるでしょう。

スポンサードリンク

(医療事務資格取得の必要性)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る