ようこそ! 「医療事務の仕事と関連知識」へ
ポータルトップ >  ホーム >  医療事務の基礎知識  > 医療事務にも向き不向き


医療事務にも向き不向き

スポンサードリンク

病気で病院に行った時、普通は、受付をしてから診察を受けます、受付もせずにいきなり診察室へ行く人はまずいませんよね。

特別な場合を除いて、受付へ行くのが通常の流れです。

受付に医師や看護師が立つ事はまずありません、多くの場合、医療事務資格者の仕事だからです。

受付など患者さんと最初に対面する医療事務という仕事は、いわば病院の顔となる大事な仕事です。

受付は、病院に来た患者さんが医師や看護師よりも先に会うのですから、病院の第一印象が受付の対応で決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。

そのため、医療事務の仕事をする人には、マナー研修を行っている病院も多いようです。

患者さんが病院に来るということは当然体調が良くない状態です、体調が良くなければ、気分的にもイライラしている事が考えられます。

同じ症状で何度も病院に来る患者さんは受付から診療までの流れが分かっている分落ち着いているでしょうが、初診の患者さんは、何科を受診すればいいのかさえ分からずスムーズに受付できないこともあるのではないでしょうか。

そんな不安な患者さんに対して、受付の担当者が、どのような対応をするかで、患者さんが病院に対して持つイメージも変わってくるでしょう。

受付業務というのは、どんなに正確な仕事ができても、患者さんに対する態度が冷たかったり、無愛想だった場合、患者さんは良くない印象で病院全体を判断するだけでなく、ますます不安になったり、イライラしたりすることでしょうし、患者さんをそのようにしてしまうような受付は病院にとっても迷惑な存在となってしまいます。

ある意味サービス業と共通する部分のある受付業務では、誠意を持って患者さんに接することが大切で、誠意は、患者さんやその家族に必ず伝わるものです。

当たり前のことですが、医療事務の仕事は、病気を治すことではありません。

医療事務は、医療行為はできませんが、具合が悪そうな患者さんに対しては、座れるところへ案内したり、看護師に連絡したり、あるいは、車いすを用意したりと、医療行為以外で自分にできることが何かを把握できるような、人が医療事務に向いているといえるでしょう。

つまり、他人に対して、細やかな心遣いのできる人に向いている仕事が医療事務なのです。

「ありがとう」の言葉を笑顔と共に患者さんからもらえたとき、医療事務という仕事のやりがいを一番感じる瞬間であり、頑張るエネルギーが湧いてくる瞬間でもあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

(医療事務にも向き不向き)ページトップへ

(医療事務の仕事と関連知識)メインページに戻る